純喫茶散策ブログ
携帯片手に趣深い喫茶店を探して街を歩きます。 画像が汚いのがたまにきず。
カテゴリー



最近の記事



プロフィール

がね~しゃ

Author:がね~しゃ
何も考えずぼ~っとしたり、
とりとめもなく新聞を読んだりできる
喫茶店が好きになりました。

珈琲の味はよくわかりませんが、
すばらしい癒しの空間を提供してくれる
街の喫茶店を応援します。

地味に日記ブログ開始です。





最近のコメント



最近のトラックバック



FC2カウンター



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


但馬屋珈琲店
但馬屋



落ち着いたジャズピアノのBGMをバックに、明治・大正のレトロな雰囲気を残した小物や飾り。
お決まりの薄暗い照明。

日本の中心都市「新宿」でも周囲は戦後を思い起こすような焼き鳥横町や思い出横丁があり、なんだかタイムスリップしたよう。

カウンターに座って中を見ていると巨大なネルで珈琲をこしていて、圧巻でした。
勢いよく大量の珈琲がこされていく・・・。

貴重な憩いの場。


■住所 新宿区西新宿1-2-6

[続きを読む]
スポンサーサイト

喫茶白ゆり
白ゆり



お店の柱に緑のタイル、。
妙にハイテンションな照明。
何故かフラミンゴが描かれた壁。
つっこみどころは満載だ。

お店は広く収容人数200名とか。
しっかりと仕切りがあり、パーソナルスペースを確実に作ってくれている。
紅いソファもふかふかして座りやすく、なんとも居心地がいい。

それもそのはず。
キャッチコピーは、


「くつろぎを感じる談話室」


■住所 東京都千代田区飯田橋4-9-8 飯田橋プラザ2F
    JR総武線飯田橋駅東口


[続きを読む]

CAFE DE L’MBRE
ランブル


東京に引っ越すことが決まり、ぜひ入りたいと思っていたお店の一つが、この「CAFE DE L’MBRE(カフェ・ド・ランブル)」。

日本で初めて、純粋に珈琲だけを提供したお店なのだそうな。
お店だけでなく、カウンターに座っているお客さんたちもいい味をだしていて、みんな本当に珈琲が好きなのだなぁ~と思いながら、私も珈琲を楽しみました。

決して敷居の高いお店ではなく、店員さんもわからなければ親切丁寧に教えてくださいます。

珈琲をあまり飲まない方も、ぜひ一度行ってみて欲しい名店。


■住所 東京都中央区銀座8-10-15
    ホームページはこちら
[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。